省エネリフォーム

地球にやさしい「省エネリフォーム」で、住宅ローンもお得になります。

省エネリフォームとは?

「省エネリフォーム」とは、住宅の消費エネルギーの節約、住空間の快適性を求め行われる「地球環境」を考えたリフォームです。住宅の高気密・高断熱化で排出量を減らし、省エネの性能を上げることで地球温暖化対策に貢献しています。そのため、国で定めた基準を満たすと「省エネ基準住宅」の対象となり住宅ローンもお得になります。
省エネリフォームは、地球環境に優しいだけでなく、健康や家計から考えてもさまざまなメリットがあります。

  • ● 断熱性・気密性を高め、住まいのエネルギー使用量を減らせます。
  • ● 冷暖房を使用を抑えられるので、家計の節約につながります。
  • ● 冬は暖かく、夏は涼しく、快適に過ごせます。
  • ● 結露を防いで住まいの耐久性をアップ。

次世代省エネ基準住宅で「フラット35S」の対象に

家庭のエネルギーの消費率を減らすことで、地球温暖化を防ごうという動きは、今や当たり前の時代です。住宅工事も環境を考えた材料や工法で省エネを行っています。室内環境を一定に保ちながら、使用するエネルギー量を少なくできる住宅を、省エネルギー住宅といわれ、規基準を満たした住宅には国で定めた様々な優遇があります。

断熱性能の基準
告示の名称   公庫における断熱構造基準   住宅性能表示基準
旧省エネ基準(昭和55年告示) 融資要件 等級2
新省エネ基準(平成4年告示)
基準金利適用住宅
省エネルギー住宅(一般型)
等級3
次世代省エネ基準(平成11年告示)
優良住宅取得支援制度
(省エネルギー対策等級4)
省エネルギー住宅次世代型
等級4

次世代省エネ基準を満たす住宅は「フラット35S」対象となり金利の優遇が受けられます。
詳しくは住宅金融支援機構ホームページへ http://www.flat35.com/

断熱性能の地域区分

住宅の省エネルギー基準において、全国の気象条件に応じて5つの断熱性能地域に区分されています。 各区分で断熱性能基準が設けられ、断熱材の厚み・開口部の断熱性・機密性能などが規定されています。

断熱を行う部分

居住空間をスッポリとつつみこむように、外気に接している天井(または屋根)・外壁・床に断熱材を設けます。その他次世代省エネルギー基準では、外部に面する外壁・天井又は屋根・床の断熱材を行う箇所の室内面側に気密工事を行い、気密住宅仕様とすることが求められます。

詳細につきましてはお問い合わせください。お問い合わせ電話番号0544-23-8082